タバコを吸いながら作った料理、海原雄山のように見破れるのか




 

『美味しんぼ』は、1983年より『ビッグコミックスピリッツ』にて連載を開始したグルメ漫画である。

これまで累計1億3500万部を発行し、アニメ化にドラマ・映画化とメディアミックスも多岐に渡って展開されている。日本のグルメ漫画の代表的な作品だ。

 

新聞社勤めの主人公・山岡士郎が、「究極のメニュー」の探求を通じて様々な人物の悩みを解決していくストーリーが基本であるが、

この『美味しんぼ』第4巻に収録されている「板前の条件」の中で「このあらいを作ったのは誰だぁ!!」という有名なセリフが登場する。

 

これは士郎の因縁の相手でもある美食家・海原雄山が、自身が主宰する会員制料亭「美食倶楽部」にて、出された料理「あらい」を口にした直後言い放ったセリフである。

 

その「あらい」を作った料理人・岡星良三は理由も聞かされずその場でクビになるのだが、後に、良三が調理の直前に緊張をほぐすためにタバコを吸っていたことが明らかになる。

作中で良三は、手も洗ってうがいもしたので喫煙には気づかれないと思ったと語るが、良三の手からあらいに移ったわずかなヤニの臭いを雄山は見逃さなかったのだ。

 

繊細な味の判断が求められる料理人にとって、味覚と嗅覚を鈍らせる喫煙はもってのほかというわけであり、雄山の食に対する厳しくも鋭い姿勢が象徴的なエピソードになっている。

それにしても、タバコを吸った手で作ったというだけで、料理についたヤニを感じ取るのは並大抵の所業ではない。

 

 

喫煙しながら調理された料理を食したとき、我々もまた、海原雄山のように気付けるのだろうか?

 

美食家ではなくとも我々の生活は日々「食」から成り立ち、「食」に根差し続ける。一食一食を重んじる雄山のストイックな姿勢は、我々も見習うべき点がきっとあるだろう。

 

ということで今回は、タバコを吸いながら作った料理を、調理過程を一切見ていない人が食して、タバコを吸ったことに気付けるのかを検証する運びとなった。

本検証を通じて雄山がどれほどの高みにいたのかを実感し、改めて我々の日々の食への姿勢を見つめ直そうではないか。

 

 

検証開始

今回は次の人物によって検証を進める。

 

ごどう…当サイトの企画スタッフ。今回は実食担当。美味しんぼは全巻を読破しているため、食への飽くなき探究姿勢は少なからず持ち合わせていると予想される。ヤニの察知にも期待がかかる。

 

桐生…当サイトの企画スタッフ。今回は調理担当。普段より料理に励んでおり、食材選びにもこだわるなど研究熱心な男である。本場イタリア料理人の動画を観すぎて、イタリア語を少し聴き取れるようになったらしい。

 

今回は桐生がタバコを吸いながら作った料理をごどうが食べていき、ごどうが桐生の喫煙に気付けるのかどうかを検証していく。

 

もちろんごどうには調理風景は一切見せず、あらかじめ「タダで真剣にご飯を食べてもらう」企画とだけ伝えている。

 

キッチンでは換気扇を回し、料理を運ぶ際の匂いで気づかれないよう対策をとる。そこは、作中の良三ばりに細心の注意を払う。

ごどうが喫煙に気づけなかった場合には次の料理へと移り、その際の喫煙レベルを上げて気づけるラインを見極めていく。

 

今回は最多で5品まで料理し、ごどうに提供していく。

 

ごどう
今日本当にこんな企画でいいの?タダ飯いっぱい食えるのありがたいな。こういう企画ばっかりやっていきたいな。

 

それでは早速、検証を始めていこう。

 

 

一品目

おもむろにトマトを取り出し調理を開始する桐生。

一品目は「トマトとモッツァレラのカプレーゼ」。イタリアンマフィアのような風体の男が、イタリアンの前菜を作っていく。

 

桐生
前菜がてらにね。まぁこれで気づかれたら終わりなんで、前菜もクソもないんですが。

いやぁ、緊張するなぁ…

 

 

桐生
緊張したままの包丁捌きは危ないですよね。ちょっと、失礼しますね。

 

 

桐生
良三の気持ち、分かるわあ。

 

 

桐生
ふぅーっ。

 

一品目の喫煙量はまずタバコ1本から。おそらく良三とも同程度であろう。

ここで見破ることができれば、ごどうは雄山と同じ高みにいることが証明される。

 

そして2吸い、3吸い。

作中で良三は厨房の外でタバコを吸っていたが、今回はキッチンのど真ん中である。すでに料理人としての失態ぶりは本家を超えている。

 

桐生
妙な罪悪感はありますが、気分は落ち着きますね。

 

桐生
さて、気を取り直して

 

食材に手をかけながらも常に喫煙はやめない。これはこれで、サンジみたいでかっこいい。

 

素早い手作業でトマトとモッツァレラチーズを切り終わる。カプレーゼとしてはこれで8割方が完成だ。

 

そして息をつく間も無く一服。

タバコの煙がカプレーゼへと吹きかけられる最悪な形でチーズがスモークされている。

 

もちろん、ごどうはそんなことを知る由もなく、まだ見ぬ料理に心を踊らせる。

 

ごどう
まず何を食べさせてくれるんだろう。楽しみだなぁ。お腹すいたなぁ。

 

桐生
んーーーっ

 

桐生
ふぁ〜〜〜っ。ごめんなごどうさん

 

そして仕上げにオリーブオイルを全体にかけ、

 

塩、バジルをふりかけて調理は完了。

 

新鮮なトマトとモッツァレラチーズを贅沢に使った、桐生特製カプレーゼ…

 

スモーキー仕立てだ。

 

ガチャっ

ごどう
おっ。ようやくか。

 

桐生
お待たせしました

ごどう
ガラにもなくワクワクしちゃったよ。一品目は?

 

桐生
はい、こちらになります。

 

ごどう
おほぉ…これはこれは…

 

ごどうの味覚と嗅覚を確かめる、ジャブ的な一品。果たして、桐生の喫煙に気づくことはできるのか。

 

ごどう
ではでは、いただきまぁす。

 

ごどう
厚く切ったトマトに、モッツァレラ。美しいね。

 

ごどう
んむっ。

 

ヤニの存在に気づくには十分すぎるほどの量を口に運んだごどう。

彼は、海原雄山になれるのか。

 

ごどう
んんっっっま!!!

 

雄山にはなれなかった。

 

ごどう
何だろう。2つの食材だけという非常にシンプルな料理なんですが、とても味わい深いです。

 

桐生
ありがとうございます

 

ごどう
決してトマトが強すぎるわけでもなく、チーズが強すぎるわけでもなく、

 

ごどう
互いに存在を主張しあう2つの食材が、口の中で共存しあい溶け合うことで生まれるほのかな香りが、僕の鼻腔をくすぐります。

 

桐生
そう言っていただけて嬉しいですね。ちょっとオシャレ目で行きましたけど、煙たがられないか心配でした。

ごどう
いやいや全然!カプレーゼ好きだし、最高の前菜だよ。

いいものをいただきました。ご馳走様です。

 

ごどう、そのまま気づかず完食。

1個のトマトと1個のチーズ、そして1本のタバコを丸々使った一品目・カプレーゼは、無事平らげられた。

ほのかな香りが鼻腔をくすぐりますなどとほざきながら、ヤニのくすぐりには一切反応できない、鼻腔マグロであった。

 

ごどう
さて、次の料理は何ですか。

 

一品目ではタバコに気づかなかったので、そのまま二品目へ突入することに。

 

 

二品目

桐生が二品目に選んだ食材は鶏ササミだ。

そして一品目の喫煙量ではごどうに気づかれなかったため、今回は喫煙レベルを上げ、

 

3本同時吸いで、調理を進めていく。

 

桐生
こんなやつバトル漫画でしか見たことないですよ。

 

鶏ササミを袋から取り出し、フライパンへ投入。

桐生
料理人は料理人でも、完全に休みの日の料理人ですねこれじゃ。

 

桐生
喉が焼けるように熱いです。緊張を消すどころじゃない何かがあります。

 

カチカチカチ、ボウッ

 

ごどう
お、火つけたな?何か焼いてるな!

 

桐生
火はずっとついてるんすよ。ごどうさん。

 

今回の調理では、桐生は生のササミを蒸していく。決して火を通しすぎず、表面には少しの焼き色をつけていく。

 

絶妙な火加減と水の量と、膨大な量のヤニがポイントだ。

 

桐生
タバコと料理、どっちがメインなのか分からなくなってきました。キッチンじゃなくて喫煙所で料理してるみたいです

 

そして最後に、刻んだ大葉とネギを蒸したササミの上にまぶし、

 

桐生
ずぽ〜〜〜。

 

桐生
しゃっ。

 

彼の作品は完成だ。

 

桐生
お待たせしました。

 

桐生
二品目はこちらです。

ごどう
ん、これはまた見事な。

 

二品目は、蒸しササミの大葉ネギである。

 

ごどう
鶏肉の、そして大葉の香りが最高ですね。

 

ヤニの香りには気づけないごどう。タバコ3本でも難しいようだ。

ここで雄山の3分の1以下のポテンシャルであることが露呈した。

 

ごどう
では早速、いただきます。

 

一品目からタバコを2本増やして調理した今回、ごどうの舌はどんな答えを出すのか。

 

ごどう
んぐんぐ。ん〜〜ワサビがよく合うなぁ。それに新鮮なネギと、細かい大葉と、全てが口の中で一つになって…

 

ごどう
マジで最高。星3つです。

 

タバコが3つなのだ。

 

ごどう
…ん?ちょっと…桐生。。

桐生
えっ…

 

ごどう
鶏ササミ、もう少しレアでも良いんじゃない?

 

桐生
溜めるんでびっくりしましたよ。

そうですね、確かにレアめで作るのも良いんですが。

 

桐生
今回はそこも勘案の上、安全性を考慮してしっかりと火を通させていただきました。

料理とは安心の上に楽しみが成り立つものだと、不肖ながら考えております。

ごどう
……うん…うん。

 

ごどう
試すようなことをして悪かった。

流石の判断です。とっても美味しいよ。

 

桐生
ありがとうございます。モクモクと食べてるんで、ちょっと心配でした

 

ごどう
つい集中しちゃってね。黙々と食べるくらい美味しかったってことさ。ご馳走さまです。

 

まだまだタバコに気がつかないごどう。

仕方がないのでまたも喫煙レベルを上げ、三品目の料理に取り掛かる。

 

 

三品目

桐生
これ急に数段階レベル上がったよね

 

桐生
まあ良いんだけど。流石にここまでしないと…

 

桐生
ごどうさんも気づかないだろうしなぁ……

 

桐生
じゃ、始めますか。

タバコを葉巻へと進化させ、おまけにウィスキーとガウンも追加。装い新たに三品目へのチャレンジが開始する。

 

三品目はカルボナーラだ。慣れた手つきで素早く生卵をかき混ぜていく。

 

そこにありったけのパルメザンチーズを投入する。ここでのチーズの量の思い切りが肝要だ。

 

そして葉巻を吸いながら、思案を巡らす。

桐生
本格的に頭がボーッとしてきました。

 

カルボナーラ作りにおいて一番大切なのはスピード火加減である。

 

使うのはショートパスタの一種・リガトーニ。カルボナーラのパスタは太ければ太いほど良い。その究極がリガトーニである。

 

自らの舌で吟味した経験と、確かなデータに裏打ちされた桐生のカルボナーラが、そこにはある。

 

桐生
パスタもタバコも、太い方が良いってね。

葉巻を燻らす男のこだわり。この出で立ちの男の作るパスタはなんだかエロくなる。

 

桐生
できました。

 

三品目の完成だ。

桐生
葉巻、香りは一番強いですが、今回はかなりスピーディな調理だったので、どう転ぶでしょうね。

 

桐生
お待たせしました。

ごどう
お、この匂いは!

 

ごどう
もしかしてカルボ..

 

桐生
三品目がこちらです。

 

ごどう
シャワー…浴びたの?

桐生
着替えただけです。お気になさらず。

 

これが、桐生特製カルボナーラである。

 

ごどう
パスタは麺タイプが基本だと思ってたから、この手の太いやつのカルボナーラは初めてだな。どれ。

 

ごどう
美味しいなぁ〜〜!!カルボナーラのソースがうまく絡んでるわ。

 

ごどう
このベーコンのスモーキーな感じもいいね!

桐生
スモーキーですよね。ありがとうございます。

 

ごどう
大満足です!ご馳走さま!!

 

桐生
大変光栄です。

 

裕次郎スタイルも虚しく、真のスモーキーの要因を突き止められないごどう。

仕方がないのでさらに喫煙レベルを上げて次の一品へと移る。

 

 

四品目

桐生
何やってんすかね俺は。

 

桐生
俺、たぶん企画開始前よりちょっと燻製化してますよ。

四品目で吸うタバコはいよいよパイプに。喫煙の大人度合いをグッと上げた今回、結果はいかに。

 

そして四品目の料理は。まずは切った白菜を投入。

 

桐生
俺明日から、普通に今まで通り料理できるのかな。

 

鍋の調理には待ち時間も存在する。そんなとき、桐生は手にひとつまみの塩を振りかける。

 

桐生
ぺろり。

 

桐生
これはたまんねえわ。

喫煙以外のレベルも大分上がってしまったようだ。

 

ごどう
そろそろメインディッシュだよな〜楽しみだなぁ。

 

桐生
よし、鍋の様子もいい感じです。

 

桐生の鍋が、煮立った。

蓋を開けた瞬間にキッチンから立ち昇る煙は、鍋によるものか。はたまた。

 

桐生
お待たせしました。

ごどう
その格好で来られるとなんか、良い男に飯まで用意してもらってる気分というか…

 

ごどう
この後抱かれるんかな…

桐生
こちらが四品目となります。

 

ごどう
むむっ!これは。

 

四品目。鍋の具材はシンプルに白菜と鶏肉だけ。彼が全幅の信頼を寄せる2品だ。

 

ごどう
良い香りだ。具材はシンプルだが…はむっ。

 

ごどう
ほふっほふ……むっ!これは。

 

ごどう
これは!…ふはっほふっ…いやあこれは…

 

ごどう
素晴らしいよ君は。これが、これこそが「鍋」だよ

 

ごどう
ここまでシンプルな鍋の具でここまで繊細な味が出せるのは評価したい。鍋はおよそ足し算としての魅力に溢れたものだが、まさかの引き算の論理だ。ごま油も良く効いていて…

桐生
(良い加減気づいてくれ…)

 

態度だけは海原雄山顔負けだが、舌の程度は富井副部長レベルのごどう。

後が無い我々は、最後の五品目にすべてを賭けることにした。

 

 

五品目

桐生
スーーッ。

 

桐生
フーーーッ。もう、料理で出たらヤバい量の煙が出てます。

 

ラスト五品目、なんとかごどうに気づかせるため、我々はシーシャ(水タバコ)を解放する

 

五品目の料理に関しては、先程の鍋に生米を加えて炊き、締めの雑炊を作っていく

 

その料理と同じくらい場所を取るのが、シーシャの難点である。

 

桐生
もし僕が、海原雄山だったとして。

厨房で料理人がこれやってたら、

 

桐生
美食倶楽部は、解体すると思います。

 

桐生
フーーーッ。これ火災報知器大丈夫か。

 

ついに五品目の完成だ。

桐生
鍋はほぼ煮込んでる時間なんで、基本ずっとシーシャでしたね。

ストレスで行くとこまで行った良三だと思ってください。

 

ガチャ。

 

桐生
お待たせしました。

 

桐生
締めの鍋炊き雑炊です。

ごどう
お、ついに締めか〜。さっきの鍋の出汁で雑炊とは最高だね。

 

ごどう
うわっ、片手で大丈夫?重くない?

 

桐生
フーーーー大丈夫です。

 

ごどう
片手で…左手には、何だ…??

 

桐生
お待たせしました。こちらになりまフーッ。

ごどう
え、夢?パプリカみたいな、夢見てる?これ。

 

ズズズ。

 

桐生
ブフーーーーッ。

 

ごどう
ン”ン”ッ

 

桐生
どうされましたか。冷めないうちに。

 

ごどう
冷めないうちにじゃねぇよ!

 

ごどう
料理持ってくるときに!シーシャ吸ってんじゃねえ!

 

ごどう
点滴みたいにシーシャ持ち歩くんじゃねえ!

桐生
ようやくですね。お疲れ様でした。

ごどう
何がだよ。

 

結果、ごどうは五品目のシーシャにてタバコに初めて注意をした。

 

 

企画説明

ごどう
そういう企画だったのかよ。良三がシーシャ吸うわけねえだろ。

桐生
ごどうさんが気づかないので喫煙レベルを上げていったんですよ。良三も、緊張しがちだったんで、あり得るんじゃないですか。

ごどう
厨房でシーシャ吸える時点で、緊張するタマじゃねえよ。

 

桐生
そういえば雑炊まだ食べてないですね。せっかく作ったんで、ぜひ。

ごどう
ぜひっつったって、これも煙まみれで作ったんだろ?

 

ごどう
そんな前情報入れられたら、俺だってそりゃあ、

 

ごどう
繊細な味の変化くらい…

 

ごどう
うんまぁ!

 

結論、一般人は前情報を聞いても何も分からない。

 

 

総括

いかがだっただろうか。

実際に調理の現場を見ない限り、やはり口にしただけで料理人がタバコを吸っていることを見抜くのは至難の技であった。

 

我々が日々いかに漫然と食に触れているか、見つめ直す良い機会になっただろう。

それは幸せでもあり、危険なことでもあるのだ。

 

もしもこれから先、我々にも生きていく上であらいの風味がどうやらヤニ臭い、違和感を感じるという場面が来るかもしれない。

そんなときは気をつけて欲しい。我々の実力では、そんなときはもう既に、

 

厨房でシーシャが大煙を上げているのだ。