日・米の「姓名ランキング」に基づいて、海外スターの名前を日本人の名前に変換してみた




洋画が好きだけど、登場人物の名前が覚えられない。

こんな思いをしたことはないだろうか。

 

横文字の名前は覚えにくく、その上で登場人物が多いとなると作中での人間関係を理解するのに多大なエネルギーを要する。

これが日本人の名前だったら簡単に入ってくるのにと思うことも多い。いっそのこと全部、日本人の名前に変換できないか…

 

 

今回は姓名ランキングを利用して、海外の人名を日本人名に変換してみようと思う。

 

なぜ日米の姓名ランキングを使うのか?

外国の姓名を日本の姓名に変換するには、通常の翻訳では対応できない。しかし、代わりに姓名の多い順が活用できると考えられる。

例えば「加藤健」という名前がある。英語の教科書にも登場するベタな名前だが、これに対応するアメリカ人の名前は、同じく教科書に登場するくらいベタな「トム・ブラウン」なのではないか。

 

 

少なくとも馬鹿正直に翻訳して、ヘルス君になったらダメだろう。

 

すなわち日本で一番使われている姓名であれば、アメリカで一番使われている姓名が対応するし、1,000番目くらいの姓名であれば、同じく1,000番目くらいのものが対応するのだ。

また、下の名前に関しては男女で傾向が異なるため、男女別のランキングからそれぞれ対応させることとする。

 

これで海外の人の名前がスッと頭に入ってきやすくなるはずだ。それでは早速、上記の判定にのっとり名前を変換していこう。

 

日本人の名字・名前ランキング

まずは日本の全国名字ランキングを調べるために、「名字由来net」というサイトで名字ランキングを調査した。

 

上位は圧倒的な強さを誇る「佐藤」さんを筆頭に、錚々たる面構えだ。これが今の日本を支える主要メンバーである。

このランキングをスプレッドシートに転記していく。

 

2万位の「釈」さんまで転記した。

さすがに2万位付近までくると「成願(せいがん)」さん、「播磨谷(はりまだに)」さんなど、ひとクセある面々が揃ってくる。

 

続いて日本人の「名前」ランキングを見ていこう。

こちらに関しては「なまえ さあち」というサイトを参考にさせていただいた。

 

こちらのサイトでは全国47都道府県における「名前」の分布や、全体での順位などを知ることができる。

 

こちらも例によってスプレッドシートに転記していくのだが、男性の「名前」と女性の「名前」が同ランキング内で混同していたので、それを分けて転記する必要がある。

さすがに手作業は厳しいので、コードを書いてスクレイピングを実行し、男女別に名前のランキング情報を取得した。

 

この拙いコードを動かし、全国の名前ランキングデータを取得する。

 

一番左から「名字」「男性名」「女性名」という並びになっている。

これで日本人の「名字ランキング」と「名前ランキング」の情報が出揃ったので、同様にアメリカの「名字・名前ランキング」をチェックしていく。

 

アメリカ人の名字・名前ランキング

アメリカ人の名字、名前ランキングを取得する上で、単純に国内の検索エンジンからでは得られる情報が限られるため、アメリカ版Yahooへと飛ぶ。

 

ここでアメリカの名字ランキングを調べるのだが、よく混乱しがちなのが、「Last Name」「First Name」

例えば碑文谷 潤さんならば、アメリカに行けば「Jun Himonya」となり、碑文谷がLast nameで、潤がFirst nameとなる。

 

つまりLast nameが名字、first nameが名前になるのだ。

それではまず、アメリカ人の名字(Last name)ランキングをチェックしよう。

 

豊富なデータを収集していく。

同様に男性のFirst nameと女性のFist Nameも転記し、

 

これで日本、アメリカ双方の「名字・名前ランキング」が出揃ったので、

早速この順位表を元に海外の人の名前を日本人の名前に変換していこうと思う。

 

海外スターの名前を変換してみた

それではまず手始めに、誰もが知っている世界的スーパースター、

Justin Bieber を日本人名に変換してみたいと思う。

 

ジャスティン・ビーバー

 

並外れた歌唱力を持つ歌手として14歳でデビュー後、瞬く間にスターへ。Twitterのフォロワーは1億人を超え、史上最も売れたアーティストの一人として数えられている人物である。

ではそんなジャスティン・ビーバー、日本語名に変換するとどんな名前になるのか。まずはFirst Nameの「Justin」

 

こちらはアメリカの男性名ランキングでは56位。

ではこれに対応する、日本の男性名ランキング56位は…

 

光雄。

では次にLast Nameの「Bieber」

 

こちらはアメリカの名字ランキングでは7431位。

ではこれに対応する、日本の名字ランキング7431位は…

 

江渡。

 

ということでJustin Bieberの日本語名は…

 

えわたり みつお

 

近所の公園にいるおじさんだ。

出席番号は最初の方だし、学生時代のあだ名はミッチーに違いない。

海の向こう側で日々ニュースになっているお騒がせ大スターも、日本名に変換した途端、グッと手の届く存在になってはいないだろうか。

 

この調子でどんどんいこう。

 

ブリトニー・スピアーズ

 

アメリカを代表する女性シンガーであり、お騒がせセレブの超人気スターだ。この名前もどこか神々しく、雲の上の存在というイメージを抱く。

変換するとどうだろう。

 

First Nameの「Britney」967位!

 

それに対応するのは「美津子」

 

Last Nameの「Spears」は717位!

 

それに対応するのは「豊島」

 

結果は…

 

とよしま  みつこ

 

急に所帯じみてきた。

二児の母で煮物とか作ってくれそうである。名前からも人妻感が溢れ、ぜひ豊島一家と同じマンションに住んで、ご近所づきあいをしてみたくなるだろう。

 

続いてはこちら。

 

P!nk

 

読み方はピンク。パワフルな歌声とワイルドなルックスで、世界中から絶大な人気を集めるシンガーソングライターだ。

 

 

たくしま

 

宅島さん、どうしちゃったの。

昔はクラスでも目立たない子だったんですが…。同郷の人たちからそう噂されるような、危ない人になってしまった。日本名になるとカリスマ性が大いに削がれることが分かる。

 

 続いてはこちら。

 

マドンナ

 

界的な人気歌手。 洋楽に興味のない人でも、彼女の曲を耳にしたことはあるだろう。「クラスのマドンナ」といった慣用句にもなるほど、憧れの女性という存在である。

 

 

けいこ

 

スナックのママと化した。

その存在感のある風貌が、一気に場末感の方に転換した。酒灼けした歌声が聞こえてくるようだ。「クラスの桂子」は最早ただの桂子さんだ。マドンナが一気に身近に思えてきた。

 

 

続いては大御所俳優を。

 

ブルース・ウィリス

 

還暦を超えてもなお活躍を続ける名アクション俳優である。『ダイ・ハード』シリーズや『RED』シリーズなど代表作は数知れず。

 

 

にしやま としお

 

違和感なし。

ブルース・ウィルスに関しては全く違和感のない仕上がりに変換された。自動車整備士として長年勤務されている西山さんと言われれば、何の疑いもなく受け入れてしまえるほどだ。

 

 

レオナルド・ディカプリオ

 

日本では「レオ様」の愛称で知られている俳優、映画プロデューサー、脚本家。その甘いマスクで世界中の女性を虜にしてきた。

 

 

はたおか ごろう

 

ラグビー選手の記者会見だ。

日本人離れしたアスリート能力でラグビー日本代表の中核を担う人物だ。W杯終了後、バラエティ番組で持て囃されるイメージしかできない。

 

このように日本人名にすることで、海外の人物名もスッと頭に入ってくる。これで洋画も混乱せずに楽しめるというわけだ。

それではここで大人気ハリウッド映画『スパイダーマン』の相関図を日本人名で整理してみよう。

 

スパイダーマンの相関図

これが相関図だ。これでは頭に入ってこない。左下の人の名前にいたっては、どう読むのかも分からないまま本編にて答えあわせをする羽目になる。

では、変換してみよう。

 

非常にスッと頭に入ってくる。

つまるところ、金子くんが森口のとこの親父と戦う話なのだ。単純明快である。

左下のどう読むか分からなかった人物も、福太郎という茶目っ気たっぷりな名前になっている。キャラクターへの愛着もより湧いてくるものだ。

 

政権の有名人も変換してみた

また、日々ニュースで聞く海外の人名といえば大統領など政界の人名も多い。例えばトランプ大統領を変換するとどうなるか。

 

ドナルド・トランプ

 

 

 

いいざわ のぼる

 

飯澤内閣の誕生である。

アグレッシブな政策と言動で、良くも悪くも今までの政府にない変革を成し遂げてくれそうな眼力だ。そうなると逆に、自国日本の総理大臣も変換してみたい。

 

安倍 晋三

 

 

 

ウィリアン・デュークス

 

かっこいいぞ。

この名前だけで、日米の力関係が逆転したような錯覚すら覚える。とはいえ安倍さんという名前がどことなく持つ親しみやすさや柔和さは消えており、支持率にどう影響するか微妙なところである。

 

総括

いかがだっただろうか。

我々日本人にとっては馴染みのない海外の名前も、このように変換することで その名前の特異性を失うことなく身近に感じられるのだ。

 

洋画の登場人物が覚えられなくて困っている人は、ぜひ試してみてほしい。

次は『インディペンデンス・デイ』とかを観てみよう。

 

ちなみに主演のウィル・スミスを変換すると、佐藤トシである。