小学1年生と6年生の道徳の教科書では、道徳の難易度に差はあるのか




 

小学生の教育課程では国語算数をはじめとした主要5科目とともに、体育や家庭科などの副教科と呼ばれる授業があった。

そんな副教科の中でも、やや特異な教科として道徳という科目が存在する。

 

道徳は平成27年度に学習指導要領が一部改正されるまで教科外活動として扱われていた。使用する教科書も検定を受けておらず、資料も教員が独自に作成していた。

それゆえ道徳は他科目と比べて軽視されたり、教員が道徳教育の理念を十分に理解できていないなどの課題もあったのである。

 

学習指導要領の改正後、小学1年生は年34時間、それ以外は年35時間の履修が義務付けられたほか、教材には検定教科書が使用されるようになった。

かくして道徳は「特別の教科」として再スタートを切ったのである。

 

ここでいう「特別の」とは、道徳が他の科目と違って生徒たちの評価が数値化されないことを意味している。

生徒間で優劣はつけず、彼ら彼女らの良い点を褒め励ますという個人内評価に落ち着くところが、他の科目との大きな違いとなっているのだ。

 

 

学年が上がるにつれて、求められる道徳の難易度は上がるのだろうか。

 

前述の通り道徳の授業において生徒たちの評価が数値化されることはない。では授業のレベルはどうだろう。

たとえば算数では、1年生は簡単な足し算や引き算から学んでいき、6年生は立体の体積の算出などに挑戦する。

1年生から6年生で当然ながら課題のレベルが上がっていく。

 

では道徳の授業に関しても、1年生と6年生で求められる道徳心がレベルアップしていくのだろうか。

そして子供の見本となる道徳心を持つべき我々大人は、小学校高学年レベルの道徳に太刀打ちできるのだろうか。

 

ということで今回は、小学1年生の道徳の教科書と6年生の道徳の教科書において、求められる道徳のレベルに差はあるのかについて調べる運びとなった。

忘れ去られがちな副教科の中でも一際異彩を放つ道徳にスポットを当て、学校教育の意義を問いただしていく。

 

調査開始

今回は一般向けにも販売されている光文書院の道徳の教科書を利用して調査を進めていく。

 

文部省による検定済みの道徳の教科書は様々な出版社から販売されているが、内容に大きな差はない。

基本的にテーマごとに物語論文が用意され、その最後に生徒たち自身に考えさせる課題が記されている。

 

今回はこの1年生の教科書と6年生の教科書からそれぞれ試験問題を作問し、実際に道徳の試験を実施する。

教育上タブーとされている道徳の点数化をおこなうことで、相対的な難易度の差を明らかにしていくのである。

 

だがその前に、教科書から読み取れる低学年と高学年でのレベル差を定性的な側面から確認しておこう。

 

①表紙デザインに見られる志向性

1年生の教科書の方では授業中に積極的に発言権を得ようとする生徒たちが描かれている。

まずは「個」として自らを律していくこと。しっかりと主張をして、外の世界に飛び込んで行くことの重要性が示唆されている。

 

そして6年生の教科書では下級生たちの助けとなるような、信頼できる上級生像が描かれている。

後進を支えて行く年長者としての心構えが重要なテーマとして据えられている。この時点でもう、大人でも遅れを取りうる高レベルの道徳を見せつけている。

 

②作品タイトルの難化

道徳の教科書では「命」「友達」などの大きなテーマの中に、2〜4ページの長文作品が複数用意されている。その文章のタイトルだけを見ても、1年生と6年生で難易度に差が感じられる。

 

主な作品タイトル

「1年生」

・みんな みんな いきて いる

・はしの うえの おおかみ

・ルールが ないと どう なるの?

・ぼく はずかしいや

「6年生」

・六千人の命を救った決断

・大空に飛び立つ鳥

・マナーからルールへ、そしてマナーへ

・わたしはどうひろがる?

 

大人の我々ですら、6年生の教科書の文章は読むのに尻込みする

6年生の「六千人の命を救った決断」なんてもう字面から読む気が失せてしまう。できることなら1年生「ぼく はずかしいや」だけを読んでいたい。

 

しかし1年生だからと言って油断していると「ルールが ないと どう なるの?」のようなカウンターが飛んでくる。

ルールをルールとして当然のように飲み込む我々大人は、果たしてこの問いに答えられるのだろうか。

 

③作品末の課題の難化

道徳の教科書では上記赤線部分のような課題が題材ごとに用意されている。この課題も、1年生から6年生で難化の傾向が見て取れた。

 

主な課題

「1年生」

・かぞくの ために どんな ことが できるか まとめましょう。

・がっこうや いえで まもっているきまりを はっぴょうしましょう。

・がいこくの ひとと なかよくするために たいせつな ことを まとめましょう。

・かぞくの よい ところは なんでしょう。

「6年生」

・本当の自由とは、どんなことでしょうか。自分の言葉でまとめましょう。

・自分の短所を改め、長所をのばすために大切にしていきたいと思うことをまとめましょう。

・男女関係なく信頼し合い、助け合っていくために大切なことを、まとめましょう。

・あなたには、どんな夢がありますか。その夢を実現するためにどうしたらよいか、考えましょう。

 

 

6年生の課題、とんでもない難易度である。

「本当の自由とはどんなことか」など、尾崎が15の夜に書き綴るような内容が、その3年前の指導要領ですでに問われているのである。

 

「どんな夢がありますか。その夢を実現するためには。」なんて今の我々が回答できるだろうか。白紙のままの回答用紙が涙で滲むイメージしかできない。

 

④同テーマにおける課題の難化

1年生と6年生で同じテーマを扱っている場合でも、最後の課題の難易度に差が見られた。

 

テーマ:「自然」

「1年生」

みぢかに ある しぜんや、 どうぶつたちと ふれあいましょう。

「6年生」

自然を守るための行動について、具体的に計画し、実行しましょう。

 

6年生ではもはや道徳の枠を超え、社会科の領域まで拡大している。

どうぶつたちと触れ合うだけでよくできましたと言ってもらえた1年生には、もう戻れないのである。

 

テーマ:「命」

「1年生」

じぶんの いのちが かがやいている ときを みつけましょう。

「6年生」

あなたの周りの、「命を輝かせている」例をさがして、発表しましょう。

 

自分自身を知る1年生から、視野を広げ他人の良い部分を発見していく姿勢が6年生では求められている。

自分の命すら満足に輝いてるか分からない我々大人は、この課題にどう向きあえるのだろうか。

 

 

振り返ってみると、6年生の道徳はおろか1年生の指導要領でも今の我々が存分に戦えるかは怪しいところである。

やはり具体的な点数化をおこない、義務教育で求められる道徳レベルを再認識しなくてはならない。というわけで、

 

いよいよ道徳試験、スタートである。

 

道徳試験の実施

今回は1年生用と6年生用の道徳の教科書をもとにテストを作成し、それぞれ「道徳Ⅰ」「道徳Ⅱ」として実施する。

 

設問はそれぞれ8問ずつで、試験時間は各60分。前半でも紹介した「課題」を教科書から抜粋して問題に落とし込んだ。

 

そしてこの道徳の試験を受けるのが次の人物である。

 

ごどう…当サイトの企画スタッフ。今回道徳Ⅰ・Ⅱの試験に臨む。道徳心は比較的ある方だと自負している。

 

試験監督は当サイト編集長のぴろぴろが務める。

我々は都内某所へごどうを呼び出し、これから60分ずつの試験を受けてもらうことを伝えた。

 

ぴろぴろ
お疲れ様です。

ごどう
1科目60分を2科目って。今日はセンター試験でもやるの?

ぴろぴろ
はい。今回ごどうさんには道徳Ⅰ・Ⅱを受けていただきます。

ごどう
マークシートで道徳解かすなよ。

 

ぴろぴろ
あ、今回は記述式の回答になります。

ごどう
なるほど…記述式ならまだ……

え、てか本当に道徳の試験?道徳って試験なんかあんの?

ぴろぴろ
特別に用意しました。厳密には道徳Ⅰが小学1年生で、道徳Ⅱが小学6年生の教科書から作った問題です。

 

ごどう
なるほど….本当にやるのね。でも大丈夫かな。まあ、道徳心は人並みにあるはずだけど…

ぴろぴろ
正解があるわけではないので、今回はありのままの、素のごどうさんで解き進めてみてください。

もちろん、小学生の時に暗記した内容を思い出していただいても結構です。

ごどう
道徳を暗記科目として攻めるやついないだろ。

 

ぴろぴろ
インターネットや本の使用は禁止ですが、席を立ったり外へ出て行動することは可能です。時間までに着席していない場合は、試験失格となります。

ごどう
フィールドワーク的なことをして良いのね。そういう設問があるのかな。

ぴろぴろ
それではまずは道徳Ⅰから。60分間です。開始してください。

 

ごどう
えーと、自分の命が輝いているときを見つけましょう…?

小学1年生でこれ結構むずくない?抽象的かつ奥が深いな。

 

ごどう
考えさせられちゃうね。あと少し照れ臭いかも。

 

今年28歳になるごどうが、己の道徳心と向き合いペンを進めていく。

 

ごどう
身近にある自然や動物と触れあいましょう、か。

 

ごどう
ちょっとすみませんね。

ぴろぴろ
お、フィールドワークですね

 

ごどう
試験時間60分だし、行動範囲は限られてるけど。

 

ごどう
こういうことだよね。

 

ごどう
綺麗な緑だ。

 

ごどう
都会のコンクリートジャングルの中に少しだけある緑が、僕に自然の美しさを思い出させてくれますね。

ぴろぴろ
いいですねえ。道徳してますねえ

 

ごどう
さて。感じたことを文章に。

 

部屋へ戻り再び道徳Ⅰの解答を進めるごどう。

 

ぴろぴろ
それでは時間ですので、回答をやめてください

ごどう
ふぅ。全力は出し切れたと思います。

 

ぴろぴろ
次は道徳Ⅱです。始めてください。道徳Ⅰの問題と間違わないようにご注意ください。

ごどう
数学Ⅰ・Ⅱでミスるやつだろそれ。

 

ごどう
道徳Ⅱは6年生のやつだっけ、なんかさっきよりも難しくなってる感じがする…

 

ごどう
自然を守るための行動について具体的に計画し実行しましょう…

道徳Ⅰでも似たような問題はあったけど…

 

ごどう
これでいいんだよね。

ぴろぴろ
お、再びフィールドワーク。ちゃんと“実行”できていますね。

 

ぴろぴろ
ゴミ拾い、いいですねぇ。道徳やってますねえ。

ごどう
あんま道徳“やってる”とか言わないでくれ。

 

ごどう
まあ、もちろんゴミをポイ捨てしないのが一番なんだけどさ。

ぴろぴろ
誰かが拾ってくれるのは当たり前じゃないですからね。

 

こうして道徳Ⅱも何とか解き進めていく。「道徳」と「試験」の組み合わせにミスマッチ感は否めないものの、

普段は考えない自身の道徳観に目を向けるきっかけとなり、不思議な充実感があったとのちにごどうは語る。

 

ごどう
終わりました〜〜。出し切れたと思います。

ぴろぴろ
お疲れ様です。ちょうど時間ですね。

 

ごどう
全部記述式だったから疲れたよ。ていうかこれ誰が採点すんの?お前じゃないよな。

ぴろぴろ
はい、今回の試験の採点者ですが…

 

こうしてごどうによる道徳Ⅰ・Ⅱの試験が終わった。

しかし調査の本番はここから。この試験結果は正当性のある方法で採点しなければならない。

 

道徳的な考え方や価値観において、絶対的な評価基準はもちろん存在しない。人の数だけ正解はあり、その多様な正解と向き合って理解し合うことも、また一つの道徳なのだろう。

しかし、そんな中でも評定を下すとしたら、その役割は誰がおこなえるのか。ごどうの道徳心が育まれる上での地盤となった人。大人になったごどうの考えを、今になっても諌められる人。

 

 

それは、

 

ぴろぴろ
今回の試験の採点者ですが、

ごどうさんのお母さんに担当してもらいます。

 

ごどう
え、オカン!?

ぴろぴろ
ということで、連絡入れさせていただきます。

 

 

そう。お腹を痛めごどうを産み育てた、彼の母親に他ならないだろう。

 

母親による採点

ごどうを通じてお母様に連絡を取り主旨を伝えると、本記事への出演を快く承諾いただけた。

 

ごどう母…ごどうのお母さん。今回はごどうの道徳Ⅰ・Ⅱの答案を採点していただく。ごどうは年齢が上がるにつれ、段々と母親に顔が似てきている。

 

お母さんには各問題1~3点以内で付けていただき、それぞれに簡単な評価コメントをしていただく。いわゆる赤丸母さんだ。

 

ぴろぴろ
この度はご協力ありがとうございます!

ごどう母
いえいえ。お役に立てるかわかりませんが。変わったことやってるんですねぇ。

ぴろぴろ
いやぁ。あ、こちらがごどうさんの答案用紙です。

 

ごどう母
これが、なるほどねぇ。

ぴろぴろ
お母様なりの点数で問題ありませんので、よろしくお願いいたします。

 

ごどう母
道徳って点数つけづらいわね。

 

ごどう母
全部満点でもいいくらいなんだけど。

 

ごどう母
そういえば、あの子の字を久しぶりに見ましたね。

ぴろぴろ
ああ、最近は全部スマホですもんね。

 

ごどう母
字も変わらないですねぇ。小学校のときからほとんど綺麗になってないです。

ぴろぴろ
あらら

 

ごどう母
はい、終わりました。立派な解答の数々でした。

ぴろぴろ
ありがとうございました!

 

ごどう母
息子をよろしくお願いしますね。

ぴろぴろ
はい、任されました。

 

 

というわけで後日、我々は採点結果を持って再び都内某所にごどうを呼び出した。

それでは早速、ごどうと一緒に今回の答案を振り返って行こう。これはある意味で28年間の人生の振り返りなのかもしれない。

 

ぴろぴろ
それでは採点された答案用紙を預かってきました。こちらになります。

ごどう
まじで採点してもらったんだな。

母親からの採点結果って、変な緊張感あるぞこれ。

 

ごどう
めちゃめちゃ見覚えある赤字が入ってるよ…

 

ぴろぴろ
ズバリ、目標はどのくらいでしょう。

ごどう
道徳Ⅰは8割。道徳Ⅱは…7割は取りたい。道徳で7割は切りたくないなぁ。

ぴろぴろ
道徳が7割って、言葉にするとなんかとんでもない奴みたいですね

 

道徳Ⅰ・Ⅱ 採点結果

第1問. じぶんの いのちが かがやいている ときを みつけましょう。

回答. 愛する人、友、家族と笑顔で会話している時。そして、誰かの為に行動を起こし、感謝の言葉を貰えた時。

採点. [3点]素晴らしいですね。まさに人間は、そのために生きています。あなたが輝いていて、嬉しい。

 

ごどう
今まで受けてきたどんな試験の3点より重い3点だわ。

ぴろぴろ
母親しては息子がキラキラしているという事実だけでもう満点をあげたくなるでしょう。

サービス問題だったかもしれませんね。

 

第2問. かぞくの ために どんな ことが できるか まとめましょう。

回答. 例えば、家族で食卓を囲み、食事が終わった時。率先して食器を流しに運ぶ。

採点. [1点]と、言いつつ、さっき飲んだコーヒーカップおきっぱなしでしたよ。あと、運んだあと、洗ってくれたらもっと嬉しい。

 

ぴろぴろ
嘘ついて減点くらってるじゃないですか。

ごどう
ごめんカッコつけました。母さんが採点なんて知らなかったからさぁ〜

 

ごどう
しかしよく見てるな。ま、これから頑張るから、ね。

 

ぴろぴろ
この辺りは満点が続きます。基本的に点数高いですね。

ごどう
オカンに褒められるのすらかなり久しぶりだから、少しむず痒いな。

 

ごどう
おっと。後半、2点が多いな?

 

ごどう
何が悪かったんだろ…

 

第5問. がいこくの ひとと なかよくするために たいせつな ことを まとめましょう。

回答. 相手の目をしっかりと見る。厳しいお国柄、裕福な国。世界にはたくさんの国があり、彼ら外国人はそれぞれ異なったアイデンティティを持っていることを理解した上で、相手の目からそれを感じ取る努力を惜しまない。

採点. [2点]恋におちないていどにしっかり見ましょう。

 

ごどう
オカンの悪いところ出てるわ。

ぴろぴろ
やめなさいよ。

 

ごどう
調子乗りのオカンの部分出てるって。恋に落ちない程度にね☆じゃないんだよ。

ぴろぴろ
まぁ2点は妥当な点数だと思いますよ。とにかく目を見るだけはキモいですって。

 

第6問. どんな ひとの こころが うつくしいと おもいますか。かんがえて まとめましょう。

回答. 僕は生まれて間もない子供こそが最も心の美しい人だと考えている。どんなアクションに対しても心の赴くままに反応する。対して大人は何かアクションを受け取る際、勝手に作り上げたフィルターを通して、ひねくれた反応を返すことが多いように感じる。皆、童心を取り戻すべきだ。

採点. [2点]生まれたてが無垢で美しいのは当然です。そこからさらに磨きをかけて美しい心を作りましょう。

 

ごどう
これは…なるほどなぁ…。

 

ごどう
赤ん坊が一番美しいって答えたけど、人の成長とか可能性を無意識に放棄してたよ。

振り返ると確かにあんま良い回答じゃないな。

ぴろぴろ
お母様が一枚上手でしたね。

ごどう
人一人育て上げた度量を感じるわ。さすがです。

 

第8問. かぞくの よい ところは なんでしょう。

回答. 無償の愛を互いに注ぎあうことのできる、唯一無二の共同体。

採点. [3点]自分の子供にここまで言ってもらえて親冥利に尽きます。まっすぐ育ってくれてありがとう。

 

 

ごどう
花丸もらっちゃったよ…

ぴろぴろ
もう点数関係ないですね。

ごどう
こりゃもう手紙だな。

この答案用紙は、オカンからの手紙だ。

 

ごどう
…さて、次は道徳Ⅱの方か。

 

ごどう
いきなり花丸。

ぴろぴろ
すごいじゃないですか。

 

第2問. 自然を守るための行動について、具体的に計画し、実行しましょう。

回答. 外出した際には、必ず一つ道に落ちているゴミを拾う。ゴミの大小サイズは問わないこととする。

採点. [3点]良いことです。続けてください。

 

ごどう
やっぱりオカンに褒められるってのは、いつになっても嬉しいもんだね。

 

ごどう
こればっかりは一生変わんないんだろうなあ。

 

第5問. 男女関係なく信頼し合い、助け合っていくために大切なことを、まとめましょう。

回答. 男女問わず、互いの生物学的特徴にはもっと詳しくなるべきだ。女性には平均一ヶ月に一回の生理周期が存在するし、真夏の男性の股間は非常にムレやすい。そのような特徴を把握することで、もっと相手を尊重できるようになる。

採点. [2点]知識と思いやりと清潔、これに尽きます。

 

ぴろぴろ
何言ってんすか。

ごどう
性別による身体の違いを理解しておくべきという主張だったのだけど、点数が伸び悩んだか。何でだろうな。

ぴろぴろ
2点取れただけすごいですよ。

何の部分点が来たんですかこれで。

 

第7問. あなたの生活を支えてくれている人が、どのような思いで支えてくれているのか、考えましょう。

回答. 恐らく、僕を支えてくれている多くの人の共通の願いは、僕が何かで大成功し何者かに成ることではなく、愛する人と幸せな時間を人生が終わるその日まで続けることだと思う。本当にありがとう。だから僕は今日も愛する人との時間を大切にする。

採点. [3点]

 

ごどう
ここも、花丸だけか。

ぴろぴろ
コメントがないのが、本当の満点って感じがしますね。

 

ごどう
親に見せるなんて思ってなかったから、ちょっとクサく書いちゃったけど。

 

ごどう
花丸ってことは、親の思いに報いることができてるってことで良いんだよな。とりあえずは。

 

ごどう
最後か。

 

第8問. あなたにはどんな夢がありますか。その夢を実現するためにどうしたらよいか、考えましょう。

回答. 僕の夢はN.Y.(ニューヨーク)で活躍するコメディアンになることだ。その夢にはもちろん様々な困難が待ちうけているけれど、最も大切なことは「自信」だ。自分を信じる。夢の実現に必要な要素はとてもシンプルなことかもしれない。私なら僕ならできると信じ抜くことだ。

 

 

採点. [3点]まわりも信じて応援していますよ。

 

 

ごどう
……。

 

ごどう
…やっぱり、これまで金銭的にもすごく迷惑かけてきたけど。

 

ごどう
定職にもつかないで、野垂れ死ぬ可能性の方が高いんだけどさ。

 

ごどう
こんな歳になっても、好き勝手やってる俺のことを親は応援してくれてるんだよな。

 

ごどう
もう今は、俺だけの夢じゃないんだな。俺の夢は。

ぴろぴろ
そうですね。

 

ごどう
頑張らないとな。

ぴろぴろ
8問目のこの解答、叶えましょう。

 

ごどう
センター道徳、楽しかったよ。

ぴろぴろ
本当にセンター試験に追加してもいいかもしれません。お疲れ様でした!

 

結果的にごどうの道徳の得点は、

 

道徳Ⅰ が24点満点中19点。

 

道徳Ⅱ が24点満点中22点。

 

結果として、学年が上がっても道徳の難易度が上がるわけではなかった。

 

総括

いかがだっただろうか。

 

「道徳」という科目が我々の中に育むのは人生の豊かさである。

小学校低学年における平易な言葉で語られた道徳心も、高学年における複雑化した道徳心も、難易度に差はなく等しく重要なのだ。

 

年次が上がるにつれて直面する道徳III、道徳IVも、昔を振り返れば答えはそこにあるのかもしれない。

人との触れ合い方、社会との付き合い方。大人になっても発生する人生の悩みは、往々にしてそのように解決するものだ。それでも行き詰まったなら、今回のように親を訪ねて採点してもらうのも一つだろう。

 

 

あなたが今解いている「道徳n」も、きっとそんなに難しくないんですよ。