いつでも「運命の出会いができる本」を作ってみた




運命の出会いといえばよく「本屋で同じ本を取ろうとして手が当たった」というシーンが、ベタな例として挙げられる。

あまりにもベタな例すぎて「これってベタだよね」と言うことすらベタになりつつあるものだが、残念ながらこの出会いが実際に起こる可能性はほとんどなく、せいぜい映画やドラマだけの話である。

 

 

2017年に恋愛応援コミュニティサイト『ワクワク』というメディアによって行われた調査によると、本屋で手が当たる出会いが起きる確率は「0.0000147523%」らしい。

これは年末ジャンボで1等が当たる確率や、人がノーベル賞を取る確率と同程度である。ノーベル賞って確率で獲るものなのだろうか。

 

とにかく、ソーシャルディスタンスが標語化されたこの時代で、ますます現実から遠ざかる出来事だ。

しかしこの運命の出会い、一度はしてみたいもの。

 

 

我々は、この0.0000147523%という確率を突破して、明日にでも運命の出会いを果たす方法を編み出した。

本日はそのメソッドをご紹介したい。

 

ご時世を考慮して外出の必要もない。運命に恋するティーンなアナタも、運命なんて忘れたシニアなアナタも、その他有象無象なアナタも。

 

この記事を読んで、

レッツ☆運命の出会い!

 

いつでも運命の出会いができる本

 

まずは家にある本を適当に一冊用意する。

 

今回は株式投資の本でやってみよう。知的なキャリアウーマンと出会える気分になれそうだ。

そしてその本の真ん中あたりを開こう。300ページの本ならば150ページになるだろう。

 

あとは何やかんやあって、そこにを差し込む。

 

これで「いつでも運命の出会いができる本」の完成だ。

 

それでは早速これを使って、運命の出会いをおこなっていく。

 

 

自宅にて運命の出会い

 

自粛期間の昨今、家で読書に耽ることも多いだろう。

運命なんてものは、意外とそんな雑多な日常の中に転がっているものだ。

 

さて、今日はどの本を読むかな」

 

 

「今日はちょっと、将来の資産形成について勉強するのもありだな」

 

 

「あったあった、これだ。よいしょっと…」

 

 

その時はいつも、突然に。

 

 

「あっ…///」

 

 

「す、すみません…!」

 

 

「部屋の中なのに…これはドキつく(ドキドキするの意)って〜☆」

 

ちなみにこの運命の出会いの良いところは、

何度でもできることだ。

 

 

「…誰か分からなかったけど、とりあえず、あの本が取られる様子はなさそうだし。」

 

 

「改めて、読みますねこれを…」

 

 

「あっ…///」

 

 

「1日に2度も…!本当にこんなこと、あるんだっ>< 」

 

そして運命の出会いは、意識していないときにやってくるからこそときめくのである。

今回の方法では、いかなる精神状態でも運命からは逃れられない。

 

「ダメだ、こんなすぐ運命の出会いしちゃうなんて><;俺に雑念があるからだ。集中集中…」

 

集中……」

 

 

「ほいっ!と」

 

 

「あっ…///」

 

膝の下から無心で手を伸ばしたが、しっかりと運命が映り込んでくる。

向こうも同じ動きをしているのかも。そう考えると、すごく運命的に思えて来ませんか?

 

そしてこの運命の出会いはなんと、本を取る瞬間以外でも発動できるのだ。何気ない日常が運命の出会いで溢れたら、それはとても素敵なことだと思う。

早速その検証をご覧いただきたい。

 

 

食事中でも

 

男の一人暮らし、たまには奮発をしてピザを頼んでしまうこともあるだろう。

ワクワクしながらオーダーするも終盤には飽きが来て、誰かもう一人いれば・・・なんて思いで孤独に苛まれた経験はないだろうか。

 

つまり宅配ピザを食べる際に運命の出会いができれば、孤独感も解消されて一石二鳥なのである。

 

 

「うひょ〜〜うまそーー!!

 

 

「まずはこの右側のやつからだな。サラミが一番乗ってるし。

 

 

「あっ…///」

 

 

「んをッ!また運命の出会い、果たしちゃった・・」

 

 

「向こうも、サラミ多いやつ欲しかったんだ」

 

 

サラミも美味しいネ☆

 

 

運命の出会いはトイレでも…

 

トイレとは基本的に孤独な空間である。

自らの排泄物との別れの場所で、逆に出会いが起こるなんて、とってもロマンチックじゃない?

 

 

「んふ〜っ・・・」

 

 

「さて、そろそろ出るか。」

 

 

「よいしょっと」

 

 

「あっ…///」

 

 

「やだ〜っ!まだ手も洗ってないのにィ!」

 

これで便所に入るたびにドキドキできること間違いなしだ。この日のウォシュレットは一層感じ方が違ったと、のちにごどうは語る。

 

運動中でもその時は突然に

 

スポーツの最中に出会いがあっても素敵だろう。

運動で上がった心拍数が、恋のドキドキと合わさって相乗効果。吊り橋効果ってやつだ。

 

 

例えばそれは

 

 

リレーの練習のときに。

 

はぁはぁ…」

 

 

ごどうさん!!」

 

 

「よっし来い!

 

 

 

 

「あっ…///」

 

 

「やだっ!

カランッ!カンカン…コロコロ……

 

「あれ…何の変哲もない普通のバトンだ……

 

 

何してんすか…」

 

 

なんでだろう…すごく今、ドキドキしてる。」

「少女みたいな声出てましたけど。大丈夫ですか。

 

大丈夫じゃないはずだ。いつもより上気したごどうの頬は、練習のせいだけではないだろう。

恋のバトンは確かにアンカーの彼に手渡された。このままゴールインできるかどうか、それは彼次第なのである。

 

 

殺人現場でも

 

事件現場の捜査中に出会いがあっても素敵だろう。

殺害現場の緊張感の中で上がった心拍数が、恋のドキドキと合わさって相乗効果。吊り橋効果ってやつだ。

 

ガイシャは20代男性。身元は以前調査中。

 

 

非常に凄惨な殺人現場だ。流血も歌舞伎レベルである。

 

 

現場はここか…」

 

 

「警部!お疲れ様です!

「おう。ホトケさんは?」

 

 

「はい!こちらです!

 

 

こいつはひでえな・・・」

「遺体の身元は目下捜査中です!死亡推定時刻は本日の14時頃。第一発見者は近所に住む40代の主婦でして・・

 

 

「別の場所で殺害されてからここに遺棄された可能性が高く、現在そちらのセンで捜査を・・・

 

 

おい若えの。」

「・・はい!

ホトケさん眼開いてんじゃねえか。」

 

 

閉じさせてやりな。こういうときは、そうするもんだ。」

「はっ・・・!大変失礼しました!!

 

 

ホトケさんには非礼があっちゃならねえ。」

 

 

「あっ…///」

 

 

えっ・・・まさかこんなところで出会いが・・・!?

「け、警部?ホトケさん、眼閉じてないですが」

あ、ああ、そうだったすまない。」

 

 

気を取り直して、若えの。ホトケさんには礼を欠いちゃあ・・」

 

 

「欠いちゃあっ…///」

 

 

「・・・ダメだ今日はもう捜査できねえ;ドキドキが止まらねえよ〜っ///

「けっ、警部ゥ〜〜!!!

 

といった具合である。

今回発生した恋の事件を迷宮入りさせてしまうか、ホシを挙げられるかは彼次第。運命の出会いってヤツは、どんな事件よりもミステリーってワケなのである。

 

総括

 

いかがだっただろうか。

最後に今回ドキドキを堪能した桐生に、感想を語ってもらおう。

 

 

「正直、バカなことをやっている自覚はある。

 

 

「ただ、自粛ムードが蔓延るこのご時世に、一人でいても誰かとの出会いを感じられる取り組みは、有意義だと感じた。

 

 

「君の隣にも、寄り添う人がいる。今はいなくても、未来に寄り添うであろう人がこの世界にはいる。」

 

 

「運命ってのは大それたもんじゃなくて、人は人と一緒に生きるものだという。ただそれだけの話なのかもしれないな。」

 

 

 

「あっ…///」

 

 

「・・・!?」

 

 

「俺も同感だ。この世に生を受けたこと、同じく生を受けた人々と交流すること、これだけでもう十分に運命的なんだ。恋人の有無は関係ない。今身近にいる人の大切さを、改めて見つめ直すだけでいいんだ。例えば、俺の隣には今お前がいる。それは、それだけで運命的なんだ。そうだろ?」

 

 

「お前は気持ちわりいから隣に来んな!!!」

 

 

「ヒィ〜ッ!!!!」