前澤社長のお年玉に当選した気になれるシステムをつくってみた!!

 

2019年9月、ヤフーがZOZOを買収し大きな話題となりました。

ZOZOの創業者である前澤社長は約1500億円の売却益を手にし、10月には新会社・スタートトゥデイを設立。

プライベートではあの大物女優と破局するなど、世間を大いに賑わせましたね…。

 

そんな前澤社長は2020年も初っ端から世間を賑わせています。

そう、元旦に発表された10億円のお年玉キャンペーンですよね !!

 

このキャンペーンは2019年の元旦に端を発し、その時はRT&フォローをした方の中から抽選100名に100万円でしたが、

2020年はなんと1000人に100万円

 

https://twitter.com/yousuck2020/status/1212025675055452160?s=20

 

まさに億万長者、そして社会を少しでも良くしようと考えている前澤社長だからこそできるキャンペーンですね!

 

 

RT&フォローだけという簡単な応募方法ゆえに、すでに400万人以上の人が応募しています。宝くじよりは高確率といえど、当選する可能性はかなり低いです。

でもやっぱり100万円は欲しい。1度でいいから、前澤社長から当選のDMが来る喜び、味わってみたい….

 

そこで今回は、たとえ抽選に外れてしまってもそこで楽しみを終わらせないために、

前澤社長のお年玉に当選した気持ちを味わえるシステム

を作ることにしました!

 

概要

今回作っていくシステムの概要がこんな感じになります。

 

①ある日普通にTwitterを開いて何気ないツイートをする。

②するといきなり前澤社長からリプライが!!

③それはなんと100万円当選の連絡!?

 

このような夢のあるシステムを作っていきたいと思います。

 

前澤社長のアカウント作成

まずはお年玉に当選した気分を味わせてくれる前澤社長のアカウントを作ります。

こちらは本物の前澤社長のアカウント。

 

 

しかし名前をそのまま利用して、前澤社長の偽アカを作ってしまうことになるのは倫理的にアウトです。

ということで今回は、

 

 

全く無関係な人物として『せんざわ』さんのアカウントを作りました。

リプライが来た際のドキドキが重要なので、視覚的に一瞬でも前澤社長を彷彿とさせられたら、それで十分なのです。

 

 

ひとまず煎澤社長のアカウントができました。

次はプロフィール画像ヘッダー画像を用意します。ご本人のアカウントの画像がこちらなのですが、

 

 

こちらも本物の前澤社長の画像を使うわけにはいかないので、

 

 

前澤社長そっくりな絵と、バスキアの贋作を用意しました。色合いさえ間違えなければパッと見は前澤社長のアカウントなのです。

 

さて、煎澤社長のアカウントができたので、次はこれをTwitterの自動ツールに組み込んでいきます。

 

煎澤社長が特定のワードに反応してリプライ

今回作っていくシステムは、煎澤社長がタイムライン上の“特定のワード”が含まれるツイートに対して、

「先ほどDMをお送りしました。ご確認ください」

という旨のリプライを送るというものになります。

 

この煎澤社長をフォローして、特定のワードを含むツイートさえすれば、お年玉キャンペーンに当選した気になれるという設計です。

まずはtwittbotというサービスにアカウントを登録し、自動フォロー返しという機能にチェックを入れます。

 

 

そして今度はmetabirdsというツールを使います。

今回は『金欠を匂わせる』ツイートをすると、煎澤社長が反応してリプライを送るという仕組みにしました。

 

これにより、あらゆる金欠関連のツイートに対して煎澤社長がリプを送るという仕組みが出来上がりました。

 

準備が整ったので、早速この煎澤社長を普通のアカウントでフォローしてみて、お年玉に当選した気分を味わってみようと思います!

 

実際に試してみた

 

まずは上画像のような愚にもつかないアカウントを用意します。

ある日突然フォローしてきて、数ヶ月経つと面白画像botに変容してるタイプのヤツですね。

 

今回はこのアカウントで前澤社長のお年玉に当選した気分を味わっていこうと思います。

 

 

早速先ほど作成した煎澤社長をフォローするために検索します。

あらかじめ何度か検索してしまったためご本人よりも上位で煎澤社長が表示されてしまっています。

 

フォローしました。

 

数分後に煎澤社長からもフォローが返ってきたので、こちらのツイートが煎澤社長のTLに表示されるようになりました。

準備が整ったので、早速ツイートしてみましょう。

 

 

愚にもつかないツイートをします。

ここでは「金がない」がトリガーになります。

 

 

あとは待つだけです。

そして3分後…

 

おっ….

 

なんか通知きてる!

 

 

煎澤社長からリプライがきた!!

この名前とアイコン、そしてツイート文はパッと見完全に「前澤お年玉当選のそれ」ですね。リプが来るとわかっていても、やはり少し背筋が伸びます。

 

ただこの喜びは効力が死ぬほど短いので、特に何も考えずに他のツイートでも煎澤社長を揺さぶってみます。

 

 

使用しているツールの都合上、リプが来る早さにはラグがあります。大体3〜5分の間ですね。

 

 

「フトコロが寂しい」にも反応します。

今回は体調が良かったのか、50秒くらいでリプが来ました。

 

 

こちらは「無い袖」に反応していますね。

 

ちなみにDMを自動で送る機能がなかったので手動なのですが、

煎澤社長からDMをもらうとこんな感じで余計にワクワクしてしまいます。

 

文末の「…」も手伝ってより当選のDMっぽく見えてきます。物事は全ては見えない方がいいんです。

また、さらに別のアカウントからのリプライも設定すると

 

 

大物たちを巻き込んで、よりドキドキが加速しますね。

自分がDMを見ていないことが彼らを振り回しているというこの快感は癖になりそうです。

 

さいごに

さて、本家・前澤社長のお年玉キャンペーンの方はと言いますと、そろそろ当選者発表が近づいていますが、

 

https://twitter.com/yousuck2020/status/1215473151804461056?s=20

 

仮にこの抽選で外れてしまっても、

我らが煎澤社長をフォローして「お年玉に当たった気分」を味わってみてはいかがでしょうか。

twitter.com

 

煎澤社長の仕事は基本的に当選匂わせのリプを送るまでですが、

もしかしたらこの記事を見てるあなたにだけ、特別にDMが届くかもしれませんよ♡

 

ぜひシェアをして、フォロワーにもこの素敵なシステムを教えてあげてください!

 

END

 

もっと仮初めの幸せを

マジスカスクエアガーデンでは、仮初めでも幸せな気分になれる仕組みを他にも開発中です。ぜひチェックしてみてください。

 

ニコニコ動画でウケてる気分を常に味わえる装置を作ってみた!

ゲーセンにある例のゲームを自作してストレス解消しまくってみた

 

 

マジスカスクエアガーデンのTwitterをフォローして、新作記事をチェックしてみよう!