2019年振り返り〜PV数の多かった記事ベスト5〜

 

早いもので2019年も終わろうとしています。

マジスカスクエアガーデンは今年62本の記事(内3本は非公開)を出しましたが、その中でもPV数の多かった記事を5本紹介していきたいと思います。

 

基本的にマジスカスクエアガーデンの記事の撮影は、

・雨天大決行

・遅刻一発アウト

・必要時以外の笑顔禁止

というルールを敷いており、参加メンバーは皆それらを忠実に守った上で、

 

「仲間のために命を懸けろ。」

 

のイデオロギーの下で各メンバーが必死に臨んでいます。

また、予め撮影が厳しくなるとわかっている日には心が折れないように、

 

「進化は危機からやってくる。」

 

という我々のドグマが印字されたお守りを各々が衣類に縫い付けることで気持ちを高めています。

今回はそんな撮影の裏側も垣間見せつつ、2019年のベスト5記事を紹介していきたいと思います。

 

第5位

『おじさんの”ガチの人生の出来事”だけで作った人生ゲームは、やはり本人が強いのか?』

 

5位はこちらでした。

「おっさんレンタル」というサービスで出会った石橋さんという男性に参加してもらった企画です。

 

石橋さんのこれまでの人生のイベントを120個ほど聞き出してそれを元に人生ゲームを作り、最後ご本人とその人生ゲームで対戦するという話ですね。

 

(ご自身の人生について話してくれる石橋さん)

 

石橋さんの人生ゲームには、「学校で食券が盗まれる」「妹のお年玉を盗んだ」などの思わずププッとなるようなマスもあれば、

「嫁と娘が出て行く」「娘の大学合格祝いに新宿でご飯を食べた」などの思わず涙で視界が滲んでしまうようなマスもありました。

 

(ご自身の人生の人生ゲームのルーレットを回す石橋さん)

 

そんな笑いあり涙ありの石橋’s人生ゲーム、まだ見ていない方はぜひご覧ください!

 

第4位

『映画版ジャイアントーナメント開催〜どのジャイアンが一番良い奴なのか〜』

 

4位はこちらの記事になります。

映画の時だけ良い奴になることでおなじみのジャイアンですが、そんな「映画版ジャイアン」の中で結局どのジャイアンが一番良い奴なのか、を決める企画です。

 

(映画版ジャイアン、ベスト8)

 

ドラえもんの声優が大山のぶ代から代わる前の24作品の大長編ドラえもんを対象に、

まずはベスト8を決めそこからトーナメントを敷いて各ジャイアン達が戦っていくという方式です。

 

一回戦ではそれぞれのジャイアンの良いところを洗い出した上でどちらが好印象なのかを審査、準決勝では減点方式、

そして決勝戦ではジャイアンの作中での全セリフを抜き出し、それらに3段階で点数を付けていくという3試合全てで違うルールを用いて映画版ジャイアンの頂点を決めました。

 

(トーナメント1回戦第二試合の様子)

 

決勝戦ではまさかの単なるジャイアン対決を超えた巨大勢力同士の対決も実現。

ドラえもんを見たことがある方もそうでない方も楽しめる内容となっております。ぜひご覧ください!

 

第3位

『輪ゴム100個つなげてバンジージャンプしてみた!』

 

3位はこちらです。

サムネイルにも写っている当サイトのメンバーごどうが、

バンジージャンプの紐を輪ゴム100個で代用するというチャレンジ企画です。

 

ごどうはこれまでに多くの体を張る企画に参加してきており、

今回も企画リーダーの「いけるか?」という質問に対し、一言「いけます」とだけ返し、漢気をみせてくれました。

 

一体どんな結末を見せるのか、ごどうの覚悟をぜひご覧ください!

 

第2位

『歌舞伎町キャッチスルー選手権〜個性を出してキャッチを近づけるな〜』

 

こちらが2位となりました。

風俗や居酒屋など、しつこく絡んでくる歌舞伎町のキャッチに対して、どのような格好をすれば絡まれないのかを検証する対決企画です。

 

参加メンバーはそれぞれ

・養成ギプスを着用した星飛雄馬

・二宮金次郎

・KFC道頓堀店のカーネル・サンダース

・手が長い化け物

・トランペットを眺める黒人の少年

 

に扮して夜の歌舞伎町を横断し、誰が一番キャッチに絡まれないかを競いました。

 

(歌舞伎町の街をスーッと進む手が長い化け物)

 

(がっつり絡まれてしまうトランペットを眺める黒人少年)

 

この撮影は今年3月の、まだ冬が終わりきっていない非常に過酷な気象条件の下で行われましたが、

企画の検証を終えた者たちで、次のメンバーを鼓舞し合うなどしてなんとか乗り越えました。

 

(記事のワンシーン)

 

 

企画の最後には全メンバーでの歌舞伎町横断を実施したり、企画を忘れてチーズドッグを食べたりといったオフショットもあります。

 

(5人揃ってのキャッチスルー)

 

ちなみにこちらの記事は今年4月に行われた『オモコロ杯』というWeb記事の大会で見事「ヨッピー賞」に輝き、

歌舞伎町など色々な居酒屋で使えるぐるなびギフトカード1万円分をいただきました。

(https://omocoro.jp/kiji/172639/)

 

しつこいキャッチにうんざりした経験がある方などは、ぜひこちらの記事を読んで参考にしてみて下さい!

それではラスト、2019年PV数の最も多かった記事を紹介します。

 

第1位

『自宅の風呂に猿を入れてみた!』

 

今年PV数が最も多かった記事はこちらでした!

これまでに様々な企画に挑戦してきたマジスカスクエアガーデンですが、自宅の風呂に猿を入れるといった試みはかなり不安でもありました。

 

しかし「常識を突き破りたい」という一心で今回のような刺激的な企画に挑戦することになりました。

 

ここでは多くは語りません。

猿を自宅の風呂に入れると何が起こるのか

ぜひ一度記事を見てみてください!

 

ついでに6位も!

『いろいろな世界的有名企業の創業当初の様子をフンイキで再現してみた』

 

惜しくも5位以内には入らなかった記事がこちらです。

マイクロソフトメルカリTik Tokなどの創業当初の様子を、こちら側で予想して再現するといった企画です。

 

(Googleの創業当初の再現の紹介)

 

今では世界的に有名なあの大企業も、最初はこんな場所から始まったんだということを知り、

明日を生きる糧にしようといった企画です。

 

記事の後半ではレンタルなんもしない人さんを含む、企画を全く知らない人たちにそれらが本物かどうかを当ててもらうクイズ大会を行なっています。

 

ぜひ一度ご覧ください!

 

総括

以上が2019年PV数の多かった記事ベスト5と6位となります。

 

ちなみにタイトルだけの紹介とはなりますが、7位〜9位がこちらとなります。上から順にPV数の多かった記事です。

 

さて、来年はいよいよオリンピックイヤーですが、マジスカスクエアガーデンはひたすら記事を更新していく運びであります。

2019年という過去は一旦忘れ、来年は気持ちを一心し、

 

「神に誓うな 己に誓え。」

 

という新たなスローガンの下、メンバー全員で頑張っていきたいと思っております。

マジスカスクエアガーデンは日々アップグレードしていきます!ぜひTwitterをフォローして新情報をキャッチしてみてください!